休日更新の備忘録

休日のみ更新予定の個人的備忘録置き場

【VMWare】【CentOS】【仮想環境】CentOSのSSH設定

【はじめに】

ここでは、CentOSでのSSH設定手順を記述する。

【手順】

手順1 IPアドレスの固定

① ホストOSで以下コマンドを実行し、「イーサネット アダプター VMware Network Adapter VMnet8」のIPv4アドレスの第1~第3オクテットを確認する。
 ipconfig /all

② ゲストOSで以下コマンドを実行し、IPアドレスの設定を変更する。
 ls -l /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-*
 vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-***
  ***は「ls -l」コマンド実行時に表示された「lo」ではない方

■修正箇所1

BOOTPROTO=dhcp   
    ↓
BOOTPROTO=static    

■修正箇所2

ONBOOT=no    
    ↓
ONBOOT=yes  

■追加箇所1

IPADDR=192.168.xxx.yyy   
※ 「xxx」は手順1-①で確認したIPv4の第3オクテット、「yyy」は任意の値(○○~○○)。   

■追加箇所2

NETMASK=255.255.255.0    

■追加箇所2

GATEWAY=192.168.xxx.2    
※ 「xxx」は手順1-①で確認したIPv4の第3オクテット。  

■追加箇所3

NM_CONTROLLED="no"   

③ 以下コマンドを実行し、DNSの設定を変更する。

vi /etc/resolv.conf

■追加箇所1

nameserver 8.8.8.8
nameserver 8.8.4.4

④ 以下コマンドを実行し、ネットワークサービスの再起動を実施する。

service network restart

手順2 SSHのインストール(rootユーザで実行する)

① 以下コマンドを実行し、「OpenSSH」をインストールする。

yum install openssh

② 以下コマンドを実行し、「OpenSSH-Server」をインストールする。

yum install openssh-server

手順3 OpenSSHの設定変更

① 以下コマンドを実行し、OpenSSHの設定ファイルを編集する。

vi /etc/ssh/sshd_config

■修正箇所1(rootユーザでのアクセスを禁止する)

PermitRootLogin yes      
        ↓
PermitRootLogin no      

■修正箇所2(アクセス認証にパスワード認証を利用する)

PasswordAuthentication no        
        ↓
PasswordAuthentication yes      

■追加箇所3(アクセス可能なユーザを指定する)

AllowUsers user1 user2 ・・・

② 以下コマンドを実行し、変更した設定を反映する。

systemctl restart sshd.service

手順4 他端末からTeratermでの接続

① 以下サイトにアクセスし、Teratermを入手(インストール)する。
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/utf8teraterm/
※ インストール時に特殊な設定は行わないため手順は割愛

② ゲストOSで以下コマンドを実行し、IPアドレスを確認する。  

ip addr

Teratermを起動し、以下を入力し[OK]をクリックする。
ホスト:手順4-②の結果のIPアドレス

④ ユーザ、パスワードを入力する。
Teraterm接続が完了する。

-- 以上 --